東京で婚活されている皆さん、交際中で嫌われることとは⁉️

2020/03/08 ブログ

東京で婚活されている皆さん、お見合い後の交際で嫌わることはやめましょうね‼️

特に、男性の場合、女性から嫌われる一番多いこととは、お茶代等の費用負担です。少なくとも交際中は男性が喫茶店のお茶代やレストランの食事代の支払いをすべきです。当会が所属している協会も男性が負担することでルール化されています。

結婚後は、生活資金をどのように負担、取り決めするか、様々ですが、少なくとも交際中は、女性は、お姫様として扱われたいと思っていますし、その程度の費用も負担できない男性には興味を持ちません。

男性にとっては、女性も働いているのだから、当然負担すべきと思っているかもしれませんが、収入もあり、女性を誘導し引っ張っていく強さを女性は求めているのかもしれません。一緒に生活して家事をするわけでなく、あくまでも外で会っている時だけの二人の時間です。男性は、女性に心地良さや優雅な気持ちにさせることが必要ですし、女性もそれを求めているものです。結婚してからの生活方法、例えばお小遣いや生活口座の設定、家事の分担などは、実際には結婚してから決めればよいのです。もちろん、交際中に、どのような考え方を持っているか、見極めることは重要です。女性も当然そのことは考えており、具体的に聞いてくることもあるでしょう。

交際中に費用の負担をしない男性は、恐らく何度お見合いしても嫌われやすく、その時は割り勘に抵抗しなくとも、結婚相手には選ばれないと思います。せいぜい、半年ぐらいの期間です。その間でも支払ができないようであると、ケチと思われ、女性の気持ちがわからないと嫌われるのです。

東京で婚活されている皆さん、わずかなお金で、せっかくの婚活を無駄にしないように、男性は、お茶代、食事代などのデートの費用をバチっと支払いましょうね⁉️